【2022年8月】エックスサーバーのメリットデメリットを解説

とも《在宅ワーク大好きライター》
ブログ
このカテゴリ一覧を見る

2022年8月14日、初期費用について変更しました。

こんにちは。

ブログを始めるためにレンタルサーバーを探しているあなたは、「とりあえずWordPressにしてエックスサーバーを契約しておけば間違いがない」と聞いて本当のところはどうなのか?と疑っていると思います。


結論から言いますと、私はエックスサーバーをおすすめしません。


おかしいと思いませんか?

私は、あなたがブログを始めようと思った理由を知らなければ、どこを目指しているのかも知らないわけです。そんな状態なのに、「エックスサーバーがおすすめですよ!」とは言えません。

あなたにはしっかりと自分でエックスサーバーのメリットやデメリットを読んで、自分の意思で決めてほしいのです。

私はとも《在宅ワーク大好きライター》として、こちらのほかではnoteなどでも情報発信しています。そもそも私がどんな人か分からない人は、更新率高めのnoteも閲覧していただければ幸いです。

今回は、実際に使用経験がある私がエックスサーバーのことを紹介しました。記事の最後に、エックスサーバーを契約する際の疑問点や、契約で迷ったときの考え方を紹介しているので、そちらも参考にしてください。

  • 結論:エックスサーバーの特徴を確認して決めよう
  • 契約期間の種類が多い
  • 安いプランでもサービスが充実している
  • サポート体制が整っている
  • プラン変更で注意が必要

エックスサーバーのメリット


エックスサーバーには多くのメリットがあるので、これから始めるブログにほしい機能と照らし合わせて確認してください。

契約期間の選択肢が多い

エックスサーバーにおける契約プランは「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」の3種ですが、契約期間の選択肢が多いことが特徴です。

プラン名 スタンダード プレミアム ビジネス
契約期間
3ヵ月 1,320円 2,640円 5,280円
6ヵ月 1,210円 2,420円 4,840円
12ヵ月 1,100円 2,200円 4,400円
24ヵ月 1,045円 2,090円 4.180円
36ヵ月 990円 1,980円 3,960円

※2022年8月14日確認済み

エックスサーバーは10日間無料でお試しができます。


スタンダードプランが安くておすすめのプランですが、一番安いプランにも以下の機能がついています。

【スタンダードプランに含まれる機能の一部】

  • 無料お試し期間
  • 転送量無制限(Web・メール・FTPデータ)
  • 自動バックアップ
  • 無料独自SSL
  • メール・電話サポート
  • 設定代行サービス

など

その他のスペックはエックスサーバー をご確認ください。

経験上、ブログのバックアップは本当に大事です。全ての記事がいきなり消えるなんてことは普通に運営していたらめったにないですが、プラグインの機能やスマホからの操作で誤って消してしまう可能性があります。この可能性を考えると、定期的にバックアップをしておくと安心です。

また、1記事分の容量は目安として1MBから3MBあると考えられています。規模が大きなサイトを設計しない限り、スタンダードのプランで問題無いでしょう。


安定性が高い


エックスサーバーは、WordPressの高速化で有名な「KUSANAGI」の技術を採用しています。「KUSANAGI」は高速で安全性が高い仮想マシンイメージです。


仮想マシンまたは仮想化とは

そもそも仮想マシンとは、パソコンにおけるハードウェアをソフトウェアとして模倣する仕組みを指しています。

本来ソフトウェアにインストールされているのに、まるでハードウェアにインストールされているかのような錯覚にさせる技術です。

これによって必要なサーバーの台数を削減できたり、管理の手間を減らせたりするメリットがあります。

仮想化の技術を使用しているものの実例には、たとえばクラウドサービスがあります。アマゾンが提供しているAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)などは、事例のひとつです。

情報の提供においてスピード感が重視される2022年では、重宝される技術となっています。


つづいて、文中で出てきたハードウェアとソフトウェアの違いを紹介します。

ハードウェアとは機械そのものを指していて、ソフトウェアとはパソコンを動かすプログラムの総称を表した言葉です。



利用者が多い


エックスサーバーは個人から企業まで幅広く使用されていて、利用者が多いことがメリットです。

利用者が多い分インターネット上で情報を集めやすいため、作業でつまずいたときの不安が軽減されます。


WordPressが簡単にインストールできる

エックスサーバーには、WordPressが簡単にインストールできる「クイックスタート」機能があります。

基本的にレンタルサーバーを使用するには、ブログの住所となるドメインが必要です。

このドメインは初期段階では自分のブログに紐づけされていません。

そして、レンタルサーバーとドメインを提供している会社は複数存在するので、契約内容によっては両者が全く異なる会社ということもあり得ます。

ありがちな例が、レンタルサーバーが「エックスサーバー」で、ドメイン提供会社が「ムームードメイン」といったケースですね。


レンタルサーバーとドメインを異なる会社で契約してしまうと、ブログにドメインを紐づけする作業が面倒なことになります。

そのため、ブログ開設の初心者であればあるほど、レンタルサーバーとドメインは同じ会社で契約することをオススメします。

やはり会社側も売上を伸ばしたいので、自社のレンタルサーバーとドメインを利用してくれた場合は、操作方法を単純化しているわけです。

WordPressのクイックスタートを申し込むと、ドメインを提供する会社をわざわざ選ぶ必要がありません。

エックスサーバーのクイックスタートを使うと、無料お試し期間が利用できないのでご注意ください。


エックスサーバーのデメリット


エックスサーバーのデメリットも確認しておきましょう。


プラン変更時に注意が必要


エックスサーバーはプラン変更時に注意が必要です。

アクセスが増加した場合や、容量が足りなくなった場合に、プランの変更を検討するかと思います。転送量やディスク容量は日単位で限りがあるものなので、月単位でしか変更できないエックスサーバーは少し不便だと感じるでしょう。


2022年8月14日追記

エックスサーバーは、2022年8月4日よりすべてのプランで初期費用が廃止になりました!今まで、ほかのレンタルサーバーより初期費用が高いことがデメリットとして挙がっていましたが、よりデメリットが少なくなっています。


エックスサーバーの評判は?


エックスサーバーは、ツイッターなどで以下の口コミがあります。





エックスサーバーでもシステム障害などが発生することがありますが、基本的にすみやかに復旧しています。



不安な方は、日頃からブログのバックアップをしておくといいでしょう。


エックスサーバーに関してこんな疑問や不安がありませんか?


エックスサーバーアカウントの解約方法は簡単?

エックスサーバーアカウントの解約は、以下の手順で可能です。

  1. 「エックスサーバーアカウント」にログインする
  2. 「登録情報確認・編集」をクリックする (上部メニュー右端)
  3. 「登録情報」→「退会」の順にクリックする

退会する前に、利用中のサービスにおいて契約の解約をしておきましょう。


お支払い方法は?

VIZAやJCBをはじめとしたクレジットカードのほか、銀行振込(三井住友銀行)、コンビニ払い、翌月後払い、ペイジーなどに対応しています。


ネームサーバーの設定について

エックスサーバー以外の会社で独自ドメインを契約した場合は、ネームサーバーの設定が必要です。ネームサーバーの設定方法は契約した会社によって異なりますので、分からない場合は利用中の会社にてお問い合わせをするといいでしょう。


複数のサイトを持ちたい

エックスサーバーでは1つのアカウントで複数のサイトを持てます。既存のブログテーマと無関係のブログを立ち上げる場合は、新しい独自ドメインを取得する方法があります。メインのブログと同じカテゴリーでありながら、扱うテーマが少し違う場合は、サブドメインで運営するといいでしょう。


独自ドメインはもらえる?

「エックスサーバーアカウント」の「各種特典のお申し込み」から設定ができます。

キャンペーン中なら永久無料でもらえます。※「ドメインプレゼントキャンペーン」実施中に申し込んだ場合


独自SSLは無料で設定できる?

エックスサーバーでは、無料独自SSLが設定できます。「サーバーパネル」から「SSL設定」をクリックすると設定が可能です。


それでもレンタルサーバーの契約で迷ったら・・


ここまで記事を読んでくれた人の中には、レンタルサーバーの契約で迷っている人も多いと思います。


そのような人は、レンタルサーバーを契約するそもそもの理由から考えてみてください。そもそも、どうしてレンタルサーバーを契約するのでしょうか?多くの人は、ブログを始めるためではないでしょうか。


では、どうしてブログを始めるのでしょうか?収益化を考えている人もいれば、趣味ブログを作りたい人もいると思います。


収益化を考えている人は・・


収益化を考えているブログは、プラグインやアフィリエイトの設定のように、細かい作業が多くなります。

細かい作業をするときにサポートの体制が整っていなければ、そこで壁に当たってしまうでしょう。

しかし、エックスサーバーはサポートの体制が整っているので、内容にもよりますが速やかにフォローしてもらえます。


収益化を考えていない人は・・


ブログでの収益化を考えていないのなら、もちろんエックスサーバー以外の選択肢もあります。

収益化するかどうかの判断って難しくて、最初は興味がなくても、周りで稼いでいる人を見たら「やっぱり収益化したい!」と思うことがあるかもしれません。


あなたが途中から気が変わりやすいタイプかどうかは、今までの自己分析で判断できると思います。今までの経験を思い出して、気が変わりやすいのなら、始めから優秀なスペックのレンタルサーバーを契約しておくといいでしょう。


このように「そもそも、どうしてレンタルサーバーが必要なのか?」と考えていき、必要な理由をフォローしてくれるかどうか?という基準で確認してみてください。

エックスサーバーの特徴をおさらい

エックスサーバーは10日間無料でお試し可能!(クイックスタートを利用する場合はお試し期間がありません)

  • 高速でたくさんのアクセスに強い
  • 充実した機能がたくさんある
  • サポート体制が整っている(新規契約に関する相談窓口有り)

公式ホームページからスペックを確認して、納得したうえでご契約ください。



追伸

今現在書いているこのブログは、エックスサーバーではなくFC2のPro(有料)版を使用しています。

「いや、エックスサーバーやないんかい」って思われるかもしれませんが、FC2のPro(有料)版を使用している主な理由は、以下の2つ。

ただ無料ブログの有料版に興味があって使ってみたかったことと、比較対象が欲しかったということですね。もちろん、これまでにエックスサーバーを使用した経験もあります。

だって・・ほかの世界をほとんど知らない人に「これがすごくおすすめ!いいですよ!」って言われても・・あまり信用できないですよね?

その職場に長年勤めている上司から「そんなことではほかの職場に行っても同じ」と言われるときのような。心の中で(いや、あなた20代の時から今の職場にいるって言ってたじゃん・・)とツッコミを入れたくなるシーンと似たような感覚になると思います。

いつか、実際に使用したレンタルサーバーで比較記事を書いてみたいです。

SHARE
ブログ