銀行を辞めたい女性におすすめの転職ってある?悩みから導く解決策を紹介

とも《在宅ワーク大好きライター》
仕事
このカテゴリ一覧を見る

「働いてみたら、予想よりきつかった」と感じる女性の多い銀行勤務。

もともとは「安定していそう」とか「華やかそう」というイメージがあった事務仕事も、「気づけば違和感が増えていて…」という人は珍しくありません。

「銀行勤務を辞めたいのは自分のせい?」

「今のタイミングで転職って良くないのかな?」

「人間関係から解放されたいって、逃げ?」

なんて思っているなら、今が転職のタイミングなので安心してください。

銀行を辞めたいと思うのは珍しいことではないし、転職先は案外すぐに見つかります。

私の女友達も早々に転職を済ませ、爽やかな顔をしながら「もっとはやく辞めておけばよかった」なんて話をしているくらいです。

この記事では、女性が銀行勤務を辞めたくなって当然な理由や、悩みの理由に寄り添った転職先の見つけ方まで解説します。

【今回の内容】

  • 銀行を辞めたい女性に多い理由とは?
  • 銀行を辞めたい理由①:給料が低いのに仕事内容はきつい
  • 銀行を辞めたい理由②:人間関係が面倒
  • 銀行を辞めたい理由③:ノルマに追われるのがつらい
  • 銀行を辞めたい理由④:昔ながらの意味不明なルールに不満
  • 銀行を辞めたい理由⑤:長く勤務すると自分の性格もゆがみそう
  • 銀行を辞めたい女性別!悩みから導く解決策
  • 銀行を辞めたい女性は転職の選択もあり

銀行を辞めたい女性に多い理由とは?

銀行を辞めたいと思う女性が珍しくないのには、理由があります。

実際に銀行を辞めていく女性たちの本音には、たとえばこんなものが当てはまります。

  1. 給料が低いのに仕事内容はきつい
  2. 人間関係が面倒
  3. ノルマに追われるのがつらい
  4. 昔ながらの意味不明なルールに不満
  5. 長く勤務すると自分の性格もゆがみそう

例えばこんな不満が多いのですが、いかがでしょうか?

当てはまっているなら、辞めたいと思って当然です。

銀行を辞めたい理由①:給料が低いのに仕事内容はきつい

銀行は「総合職」と「一般職」で分けて採用していることが多く、女性に人気の事務仕事はほとんどが「一般職」です。

高級取りになれるのは基本的に「総合職」と呼ばれる方で、出世できれば1,000万円プレイヤーになることも夢ではありません。

でも一般職として事務についている人は、給料があまり輝かしいものではないケースがほとんど。

女性に限った話ではないですが、事務仕事の給料が高くなることは、ほぼありません。

では、そんな事務仕事が楽かというと、そんなこともないのが問題です。

営業職のように外回りをする必要はなくても、店頭営業や電話対応、ノルマなどに追われることは精神的にもつらいもの。

「毎日こんなにつらい思いをしているのに、給料が見合ってない気がする…」と悩んで辞める女性は珍しくありません。

銀行を辞めたい理由②:人間関係が面倒

社内での立ち振る舞いに、常に気を張っていなくてはいけないのもつらい理由の一つです。

  • 小言の多い上司
  • 発言力のあるお局
  • 意地悪な店長
  • 自慢話の多い先輩
  • 常に誰かと一緒にいたい同僚

特に事務仕事が多い部署となると、女性の付き合いが必要になることも。

人によって態度の違うおじさん上司も、よく出現するパターンです。

人間関係が良い職場は、多少仕事内容がきつくても「働き続けたい」と思う人が多い傾向があります。

転職したいと考えているなら、人間関係は良好とは言えないのかもしれません。

「大人なのに…」と思うような人間関係の中で働かないといけないなら、サクッと辞めてもっと良い環境に身を置いた方が幸せなはずですよ。

銀行を辞めたい理由③:ノルマに追われるのがつらい

銀行で仕事をするといえば、「ノルマ」は避けては通れないもの。

事務作業だけでなく、営業ノルマもこなさなくてはいけないときもありますよね。

しかも、「正直売りたくない」と思うような商品をゴリ押ししないといけないときは、もっとつらいですよね。

自信を持てない商品だからこそ、売れたとしても…

  • クレームが来たらどうしよう
  • 騙したと思われちゃったら嫌だ…

なんて不安になってしまうのも、ストレスです。

さらに、お給料が出ない時間には商品の勉強をして、資格を取らないといけないケースまで。

研修や成績発表があるたびに胃がいたい、なんて経験をしている人もいるでしょう。

成績が良くても悪くても、逃げ道がないのが銀行勤務というものです。

銀行を辞めたい理由④:昔ながらの意味不明なルールに不満

銀行は比較的、昔ながらのやり方を引きずる社風であることが多いです。

現代に働く人にとっては、昔ながらのルールに「意味がわからない」と疑問を抱くかもしれません。

ルールの中には非効率的や非論理的なものもあり、それが業務の足を引っ張ったり、居心地を悪くしているケースも。

「これがウチのルールだから気をつけてね!」と、なぜか満足げに語るお局はいませんか?

長く勤めると、たとえ意味不明なルールであっても「会社の決まり事」として、よく知っているお局たちが偉そうにする傾向があるようです。

謎のルールを強いられた結果怒られるようなときには、自分の成長につながっていないかもしれません。

社会には学ぶべきことが、もっとたくさんあるはずです。

銀行を辞めたい理由⑤:長く勤務すると自分の性格もゆがみそう

居心地の悪い職場には、性格が歪んだお局や上司がいるもの。

なかには大人気ない意地悪をして楽しむ人もいるでしょう。

そんな環境で仕事をしていると、自分の性格まで悪くなっているような気がしませんか?

このまま働き続けたら、気づかぬうちに自分も嫌な人になってしまうかもしれない、と危機感を覚えて転職を視野に入れる人もいます。

さらに、業務は「ビジネス」だからとはいえ、お客様への対応が平等じゃない上司も珍しくありません。

それだけでなく、こちらにまで不平等な対応を強いる教育をされると、闇を感じますよね。

気持ちよく仕事ができないなら、良い環境とは言えないでしょう。

銀行を辞めたい女性別!悩みから導く解決策

銀行を辞めたいと思う女性が転職先として選びやすいのは、似ている業界の事務です。

でも、辞めたい理由の悩みが全て解決できるかというと、ちょっと難しいかも。

  1. 給料が低いのに仕事内容はきつい
  2. 人間関係が面倒
  3. ノルマに追われるのがつらい
  4. 昔ながらの意味不明なルールに不満
  5. 長く勤務すると自分の性格もゆがみそう

これらを全て解決するとなると、事務職や営業職という選択肢がなくなり、パートや派遣で働く選択肢が濃厚になります。

そこで、私がおすすめなのは「在宅ワーク」です。

在宅ワークなら今のストレスが解消されるかも!?

在宅ワークは自分のスケジュール管理さえできれば、上記の悩みをほとんど完璧に解決できることが魅力。

しかも銀行で事務職をしていた人なら、すでに在宅ワークができるスキルを身につけていることが多いです。

  • エクセルやワード業務
  • 営業職のスケジュール管理
  • 契約書の作成業務

わざわざ会社に行かなくても、家でできる仕事はたくさんあります。

もし今はまだ転職に悩んでいるなら、少しずつ在宅ワークを始めて先が見えてから辞めるのもおすすめです。

私は在宅ワークとして、ブログを始めました。

ブログは在宅ワークとしてコツコツ続けられるので、「今すぐ何か行動したい」という人にぴったりです。

当ブログ「家で過ごす部」では、ブログで稼ぐ方法などを紹介しています。
以下の記事も合わせてご覧ください。
【2022年】まだ間に合う!ブログで稼ぐ仕組みをチェック

銀行を辞めたい女性は転職の選択もあり

今までは「同じ仕事は最低でも3年やらないとダメだ」と言われていた時代もありました。

でも、同じ仕事を続けて心身を壊してしまったら、3年後の選択肢は広がるどころか狭くなります。

今の職場で学べることがもし、

  • 面倒な人間関係での身のこなしかた
  • ノルマで溜まるストレスの解消方法
  • 意味不明なルールへ笑顔で相槌を打つコツ

くらいしかないのであれば、何年働いてもつらいだけです。

ストレスはお肌や美容にも大敵です。

もっと自分らしく、素敵な笑顔で働ける場所へ転職してしまってはいかがでしょう?

すぐに「もっとはやく辞めればよかった」と思える日が来るはずです。


人気ブログランキング
SHARE
仕事