【画像有】ブログがめんどくさいなら外注化もあり!ランサーズの手順紹介

とも《在宅ワーク大好きライター》
在宅ワーク
このカテゴリ一覧を見る

こんにちは。


あなたは頑張ってブログを更新しているけれど、「もう更新するのめんどくさいな・・」と思ってしまうことはありませんか?


ブログを完全に辞めたいわけではないけれど、続けるのは面倒というとき、ありますよね。そんなときは、ランサーズなどのクラウドソーシングを使って外注化するのもひとつの選択ですよ。


この記事ではランサーズでブログを外注化するときの手順を、画像を使って説明しました。また、ただ外注化をおすすめするだけじゃなく、その他の解決方法も紹介しているのでご確認ください。


筆者について

・クラウドソーシングで170件以上の受注実績あり

・200記事以上のブログ記事執筆経験あり


今回の内容
  • ブログがめんどくさい理由の紹介
  • ブログを外注化するメリットと注意点
  • ランサーズを使って外注化する方法を2種類紹介
  • ランサーズでブログを外注化するときのポイント
  • ランサーズで優秀なライターを見つける方法
  • 外注化以外の対処法もチェック

ブログがめんどくさいのはなぜ?


個人でブログを書くのってめんどくさいですよね。それはどうしてかというと、たとえば以下の作業が必要になるからです。


  • 執筆のためにキーワードを選ぶ
  • キーワードの競合をチェックする
  • 競合から記事の構成を作成する
  • 読者が読みやすい文章を作成する
  • 読者が読みやすいように記事を編集する

ただ「ブログを書く」といっても、これだけ多くの作業をしているんですよ。ときには「めんどくさいなぁ・・。」と思うことだってあります。

436.png


ブログを外注化するメリットと注意点


ブログを外注化すると、以下のメリットや注意点があります。

1759.jpg

ブログを外注化したのが優秀なWebライターだった場合は、短期間で専門性がある記事がたくさん納品されます。

また、経験を積んでいるために1日で記事を仕上げられるWebライターもいますよ。読者の立場に立った高品質な記事を書けるWebライターもいますので、そのような人に依頼できたときは、長期的に書いてもらうのもいいでしょう。


ブログを外注化する注意点は、かならずしも収益化に繋がらないということです。

依頼する側が原因でWebライターに書いてもらう記事の目的がはっきりとしていなかったり、時代の流れによって求められていないテーマであったりと、収益化に繋がらない原因はさまざま。

そのため、目的をしっかりと決めてWebライターに依頼するのがいいでしょう。

2022年で記憶に新しいのは、新型コロナウイルスによるニーズの変化ではないでしょうか?このような時代による変化が今後もないとは言い切れないのです。


ブログがめんどくさい人が外注化する手順


ここではランサーズを使って外注化する手順を紹介します。

手順というほど難しいものはなく、大きくまとめるとたったの4ステップで完了しますよ。


基本的な流れ
  1. ランサーズに登録する
  2. 依頼を作成する
  3. 応募があるまで待機する
  4. 依頼する人を選ぶ

登録がまだの人は、ランサーズに登録します。

ランサーズへはこちらのリンク 「ランサーズ」から登録ができます。

無料で登録できるので、とりあえず登録してどんな仕事の依頼があるのかチェックするのもおすすめですよ。


スクリーンショット 2022-04-30 215015

ランサーズのページに移動したら、ちょっとスクロールしたところに「会員登録する」のボタンがあります。

間違えて受注者として登録してしまっても依頼はできますが、この時点で上にあるタブを「仕事を頼みたい方へ」に変更しておくといいでしょう。

ランサーズにログインしたら右端に表示される「依頼を作成」の青いボタンをクリックします。
スクリーンショット 2022-04-29 164729

すると、 どんな仕事を依頼したいですか? どのように仕事を頼みたいですか?(どんな形式で依頼したいか) 等と聞かれるので、手順に沿って解答してください。


スクリーンショット 2022-04-29 165101

ランサーズでは「テンプレート」機能があるので、依頼のたびに新しい文章を考える必要がありません。そのため、テンプレートを使用していると分かる文章もよく見かけます。


以下は、プロジェクト方式を選択した場合に移動する画面です。

スクリーンショット 2022-04-29 165525

ここではカテゴリーを選択したり依頼の業種や特徴について詳細を入力したりします。


ランサーズでブログを外注化するときのポイント


ここでは、ランサーズでブログ記事を外注化するポイントを確認しましょう。以下の画像は「仕事を依頼しましょう」の画面のステップ3です。

スクリーンショット 2022-05-01 173934①依頼するときのタイトルを工夫する
②いくつかあるカテゴリーの中から近いものを選択します
③依頼詳細に移動したときにオレンジ色で表示されます
④当てはまるものを選択します
⑤記事のタイプで当てはまるものを選択します
⑥書いて欲しい本数や求めている人物など、詳しく書けば書くほど分かりやすいです

たくさんのWebライターから提案して欲しいのなら、依頼するときのタイトルを工夫するのがおすすめです。たとえばブログ記事を書いて欲しいときは、タイトルに以下を入れて作成します。

  1. 記事単価
  2. 文字数
  3. 記事のカテゴリー

依頼の詳細では、月間に執筆を依頼したい本数まで詳しく書くと、ライターが応募しやすくなります。

反対に、カテゴリーがよく分からない、どれぐらい書いて欲しいのか分からない文章の場合は、応募するときに躊躇する人もいるでしょう。

希望する実績がある人に応募して欲しいのなら、依頼の詳細を詳しく書くのがおすすめです。


提案数を増やしたい人は「依頼の特徴」をしっかり入れると、依頼のページで分かりやすく表示されるので、提案されやすくなります。

438.png


ランサーズで特定の人物に依頼したい場合


不特定多数の応募ではなく、特定のランサーに直接依頼をしたい人もいると思います。


その場合は、ランサーズの発注者画面で左メニューから「フォロー/フォロワー」をクリックしてください。

スクリーンショット 2022-04-29 170912

「フォローしている人」の画面になるので、依頼したいランサーのページに移動しましょう。

スクリーンショット 2022-04-29 171125

依頼をしたいランサーのページに移動すると「発注依頼する」のボタンがあるので、そこをクリックして発注依頼に進むといいでしょう。

スクリーンショット 2022-04-29 172122

「発注依頼する」をクリックすると、依頼のカテゴリーを選択するページが表示されるので、順に進んでください。このように特定のランサーを選択する場合は、当然ランサーを選定する手順が必要ありません。


ランサーズで優秀なライターを見つける方法はある?


ランサーズで優秀なライターを見つけるときは、ライターの評価に注目するといいでしょう。

評価と言っても、ひとつの評価で1記事を書いている場合と、1ヵ月分の作業がひとつの評価になっている場合があるので、難しい部分もあります。

しかし自分がランサーとして働いてきた経験上、目安として20件以上の評価があり、★4.5以上であるクライアントを選ぶと、大きなトラブルがなく仕事を依頼できると考えられます。

20件以上の評価があると、かなりの数の記事をクライアントに納品していると考えられるからです。

また「認定ランサー」は、言うまでもなくランサーズ上で評価が高いライターです。評価の詳細までチェックすると、そのライターの働きぶりが分かると思いますよ。


「ブログがめんどくさい」その他の対処法をチェック


ブログがめんどくさい場合には、もちろん外注化以外にも方法があります。たとえば、以下の方法が有効ですよ。
  • ブログをやる理由を詳しく思い出す
  • 「常に100%でないといけない」という思考をやめる
  • デザインに凝って自分好みのブログにする

「ブログ、やだな~・・めんどくさいな・・」といった気分になっているときは、ブログをやる理由が曖昧なことが多いです。


そのため、今一度ブログを投稿してどうなりたいのかを思い出してください。

このときによく言われるのが、「目標をはっきりとした数字で表すこと」です。

ブログの収入で毎月10万稼ぎたい!とはっきりとした数字があれば、目標までに何がどれぐらい足りないのかが分かるからです。


また、創作をしている人にありがちな思考が常に100%思考。たしかに、クライアントに届けるときはこの考え方は大切ですが、個人でブログをやっているときまでこの考え方では疲れてしまうでしょう。

まずは80%のでき具合からでも投稿することが大事だと思います。また、とにかくデザインに凝れば、自分好みのブログになってモチベーションが高まります。

繰り返しになりますが、ランサーズやココナラといったサイトで、ブログのデザインを作成してくれる人を見つけるのもいいでしょう。


ブログがめんどくさいのなら外注化を検討しよう


ブログがめんどくさい場合は、クラウドソーシングで外注化して執筆を効率化する方法もあるのです。「依頼する手順が分からない」と困っていたクライアントがいらっしゃったので、(ブログに依頼の手順を書くのもいいかもな・・。)と考えついたテーマでした。

私は、ランサーズでは基本的にランサーとして働いているので、稀に「仕事してくれる人を募集しようかな」と思っても、発注方法が分からなかったと思います。今後発注者として依頼する際は、このページを手順の参考にするでしょう。
SHARE
在宅ワーク