不動産業界で働くのがつらい…仕事ができなくてつらいと感じる理由と解決方法

とも《在宅ワーク大好きライター》
仕事
このカテゴリ一覧を見る
こんにちは。

 不動産会社は、給料も高くて派手なイメージを抱いている方も多い職業です。

 しかし、実際に働いている方の中には、「不動産業界はつらい」と感じる方もたくさんいるでしょう。 

 そこで今回は、不動産業界で働く方がつらいと感じる理由と、その解決方法について詳しくご紹介していきます。

不動産業界で働くのがつらいと感じる理由

周りから見るときらびやかに見える不動産業界ですが、実際に働いてみるとつらいと感じることの方が多くあります。そこでここからは、不動産業界で働くのがつらいと思う主な理由について見ていきましょう。

ノルマを達成できない

不動産会社の多くは、社員1人ひとりに毎月のノルマが設定されていることが多いです。

 しかし、不動産は高額な設定になっているので、顧客も簡単に決断できるものではありません。そのため、なかなか契約がとれずにノルマが達成できなくてつらいと感じることもあるようです。

 不動産会社はインセンティブが設定されていることもあるので、契約がとれる人は豪華な報酬を得ることもできます。ただ、このような給料体系になっている分、ノルマが達成できないと思ったような収益を得ることができなかったり、周りと比べて自分は仕事ができないと苦しむ要因になってしまうこともあるようです。

クレームも多くある

不動産の契約は高額になります。 

 その上、契約にはさまざまな法律の免責があり、それをすべて理解して契約するという方はほとんどいません。そのため、取引の際にクレームが出てしまうことも多くなってしまうのです。 

 契約にこぎつけること自体が大変な上に、顧客のクレーム対応まで行わなければいけなくなると、ストレスも大きくなってしまうでしょう。

休日をとりづらい

不動産業界は離職率も高く、人員が限られた状態となっています。 

 その上、業務自体もかなり多いですし、急にクレームが入ったりすることも考えられます。そのため、なかなか休みをとれないというのも悩みの1つです。

ノルマが達成していないと残業が多くなることもあるので、休養をとることができなかったり、家族との時間がゆっくりとれないという方もいます。

スキルを磨く時間がない

ここまででもお伝えしたように、不動産会社は仕事内容が多く、時間を作ることが難しい環境となっています。

 そのため、キャリアアップをするためにスキルを磨きたいと思っても、なかなか勉強するために時間を割くことができないと感じている方もいるようです。

不動産会社がつらいと感じた時に行いたいこと

不動産会社で働いていると、つらいと感じることもあるでしょう。そのような時には、どのような対策をとった方がいいのでしょうか?そこでここからは、具体的な解決方法について見ていきましょう。

誰かに相談をする

ストレスが溜まった時には、誰かに話すことが大切です。 

 普段から仕事が忙しいと、自宅と職場の往復となってしまい、仕事と関連がない人と話す機会が少なくなってしまいます。そのため、休みの日には時間を作って友人や家族に相談してみるといいでしょう。

誰かに話を聞いてもらうことによって、心が楽になることもあるかもしれません。

趣味に打ち込む時間を作る

不動産会社に勤めていると、なかなか時間を作ることができないと感じることもあるでしょう。

 しかし、休みの日には時間を作って趣味に打ち込むようにすることをおすすめします。

自分の好きなことを行うと、ストレス解消やリラックス効果があるので、つらいという気持ちを軽減することができるようになります。

お酒等でストレス解消をするのを辞める

仕事でストレスが溜まると、お酒を飲んでストレスを解消しようと考える方も多くいるようです。 

 お酒を飲むとその時のストレスは解消されたように感じるかもしれません。しかし、その効果は一時的で、翌日には疲労が倍増してしまうということも考えられます。

そのため、お酒で解消するという方法はできるだけ避けた方がよいでしょう。

目標を立てる

不動産会社の多くは、固定給に加えてインセンティブが設定されていることが多くなっています。

 ただ、インセンティブはノルマをクリアしなければもらうことはできないので、ノルマをクリアすることがストレスになっているということもあるでしょう。そのような場合、ノルマに目を向けるのではなく、目標を達成した時に得られるインセンティブのことを考えることが重要です。 

 そのインセンティブを使って、「自分がほしいものを買う」「次はここに旅行に行こう」と考えれば、楽しみながらノルマクリアを目指すことができるようになるかもしれません。

仕事は仕事と割り切って考えるようにする

不動産会社に勤めていてつらいと感じる方の多くは、まじめな方が多いようです。 

 まじめな性格だからこそ、「必ずノルマをクリアしなければいけない」「契約できないのは自分が仕事ができないからだ」と背負い込んでしまうのです。そうすると、プライベートも楽しむことができなくなってしまい、ストレスが強くなってしまいます。 そのため、普段から仕事は仕事と割り切って考える癖をつけるようにしましょう。

仕事でクレームがあってもあなた自身が否定されたということにはなりませんし、契約ができない月があっても向いていないということにはなりません。 

 私たちは仕事のために働いているわけではないので、プライベートを充実させるために働くことを意識しましょう。

転職活動を行う

どうしても今の不動産会社で働くのがつらいという場合には、転職を考えることも1つの方法です。 

 転職して働く業界を変えれば、今よりも活躍することができるかもしれません。また、転職するかまだ迷っている状態でも、転職サイトを見たりエージェントに相談してみることによって、今の会社でうまくいかなくても他にも仕事がたくさんあると思えれば、心が軽くなることもあります。 

 まずは自分のストレスを減らすことを考えましょう。

副業を始めてみる

仕事がつらいけどすぐに辞められないという場合、まずは仕事をしながら副業を始めてみることをおすすめします。

 副業を行って本業以外に収益を作ることができるようになれば、今の仕事がうまくいかない時にも強いストレスを感じることがなくなるということもあります。インセンティブが減ることによるストレスの軽減につながるので、ポジティブな考え方ができるようになるでしょう。 

 忙しい不動産会社勤務の方におすすめの副業は、ブログです。 

 ブログであれば、自分の時間がとれるタイミングや通勤中に記事を作成することができるので、比較的取り組みやすいでしょう。ブロガーが収入を得る方法は、自分のブログに広告を貼り付けることです。

 成果報酬となっているので必ず収益が得られるというものではありませんが、ノルマや納期もなく自分のペースで行うことができますし、しっかりと構築すれば大きく稼ぐことができるかもしれません。

「ブログで収益化はどうやってするの?」「怪しいんじゃないの?」
という人は以下も確認してください。

【2022年】まだ間に合う!ブログで稼ぐ仕組みをチェック

仕事ができなくて辛い人は行動してみよう

不動産業界は多忙な上に仕事内容も大変なので、「働くのがつらい」と感じる方も多くいます。 

 思ったように契約がとれていないと、自分に仕事ができないせいだと思う方もいるようですが、取り組み方を変えたり副業を始めることによって、ストレスなく働くことができるようになることもあります。

そのため、まずは自分のストレスの原因を把握して、ストレスなく働ける環境を整えるようにしましょう。

SHARE
仕事