給料が安い生活から抜け出す方法とは!年代・業種の平均と収入を増やすポイントを紹介

とも《在宅ワーク大好きライター》
仕事
このカテゴリ一覧を見る
こんにちは。

 毎月の明細を見て、『お給料が安い』と感じたことはありませんか? 特にキャリアを積んでいる途中の20代女性や、子育てに追われる30代〜40代の主婦は、給料が安いことに頭を抱えている方も多いでしょう。


  この記事では、安い給料の判断基準と給料を上げる方法をご紹介します。収入を増やし、日々の生活を豊かにしたい方は必見です。

「給料が安い」の基準とは?

厚生労働省のデータによると、日本人の平均年収は約489万円とされています。
自分の給料が平均と比べてどれほどの差があるのかを知ることで、安い給料から抜け出す方法が見つけやすくなるはずです。
 「年齢・性別・地域・職業」の項目ごとに平均給料のデータを確認し、自分の給料と比較してみましょう。 (参考:令和3年賃金構造基本統計調査)

年齢・性別の平均給料

まずは、年齢・性別で区切った平均給料です。 年齢・男女別平均給与
年齢 男性 女性
20〜24歳 21.54万円 21.07万円
25〜29歳 25.33万円 23.62万円
30〜34歳 29.05万円 24.85万円
35〜39歳 32.52万円 26.00万円
40〜44歳 32.70万円 26.99万円
45〜49歳 35.76万円 27.09万円
50〜54歳 41.21万円 27.79万円
55〜59歳 41.36万円 27.33万円
(参考:男女別|令和3年賃金構造基本統計調査)

 どの年代でも、男性よりも女性の給料が低くなっています。そして、年齢が上がるにつれて男女差も広がる傾向にあるようです。 とくに女性は妊娠・出産によって休職期間があるため、30代以降もあまり給料が上がっていません。

地域別の平均給料

次に、地域別に見た平均給料のデータを見てみましょう。全国平均と給料が高いトップ5・ワースト5の都道府県を紹介します。
 都道府県別平均給与
1 東京 36.42万円
2 神奈川 33.62万円
3 大阪 32.69万円
4 愛知 31.73万円
5 京都 31.22万円
全国平均 30.74万円
43 沖縄 25.08万円
8-1 8-2 8-3
44 岩手 24.96万円
45 秋田 24.75万円
46 青森 24.50万円
47 宮崎 24.46万円
(参考:都道府県別|令和3年賃金構造基本統計調査)

 全国平均は30.74万円で、全国平均よりも高い都道府県は「東京・神奈川・大阪・愛知・京都・兵庫」の6つでした。

 平均給料が1番高い「東京」と1番低い「宮崎」では、12万円ほどの差があります。東京などの都市部は給料が高い傾向にありますが、地方と比較して家賃や物価も高くつくでしょう。

 地域別の最低賃金 

地域別最低賃金とは、都道府県内で働く全ての労働者に適用される国が定める最低賃金設定のことです。
 2022年10月には全国の最低賃金の引き上げが実施されました。給料を時給換算して最低賃金に近ければ、居住地域の中では給料が安いといえそうです。

 ここでは、最低賃金の高い都道府県と安い都道府県をいくつかご紹介します。

 全国最低賃金
1 東京 1,072円
2 神奈川 1,071円
3 大阪 1,023円
4 埼玉 987円
5 愛知 986円
全国平均 961円
29 福島 858円
30 島根 857円
31 徳島 855円
32 岩手、山形、鳥取、大分 854円
33 青森、秋田、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄 853円
(参考:地域別最低賃金の全国一覧)

 1番高い「東京」は1,072円で、最も安い「青森・秋田・愛媛・高知・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄」は853円となっています。

職業別の給料


 職業によっても給料水準が異なります。
どの産業が「給料が安い」と感じやすいのかチェックしてみましょう。

業種 平均年収(賞与・給料・手当含む)
電気・ガス・熱供給・水道業 766万円
金融業、保険業 677万円
情報通信業 624万円
学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業 521万円
製造業 516万円
建設業 511万円
複合サービス事業 494万円
(全国平均) 443万円
不動産業、物品賃貸業 426万円
運輸業、郵便業 425万円
医療、福祉 407万円
卸売業、小売業 377万円
サービス業 369万円
農林水産・鉱業 310万円
宿泊業、飲食サービス業 260万円

(参考:令和3年分民間給与実態統計調査|国税庁)

 給料が高いのは、電気・ガス・水道などのインフラを支える業種となっています。

景気に左右されることが少なく、大企業が多いことが理由と考えられます。 次いで金融業・保険業も高収入となっていますが、女性の平均年収は男性よりもかなり低く、男女の給料に差がある業界です。

 給料が最も安い職業は、唯一年収が200万円台の宿泊業・飲食サービス業です。

景気変動の影響を受けやすく、利益率が低いことが原因となっています。 前提として年齢や性別、地域、業界によって給与水準は異なりますが、安い給料になりやすい仕事には特徴があります。 給料が安い仕事の特徴と、その仕事を選ぶメリットやデメリットについても考えてみましょう。

スキル不要の仕事

複雑な仕事や専門的な技術が必要な仕事は、習得までに時間がかかるため給料が高いです。

その反面、特別なスキルがいらない仕事は給料が安くなっています。 スキル不要の仕事の場合、アルバイトやパートなど非正規雇用で雇われるケースもあり、フルタイム勤務の正社員と比較すると給料は安くなるでしょう。

 メリットには、責任が少なく精神的負担が軽いことがあります。また、未経験でも採用されるので学生や主婦でも働きやすい仕事が多いです。

残業代が出ない

残業代とは、法定労働時間である「1日8時間、週40時間」を超えて働いていれば原則発生する賃金です。

この時間を超えて働いた場合、基本給の1.25倍以上の割増賃金が支払われるので、残業代によって給料が高くなることもあります。 残業代が出ない仕事には、定時で帰れるパターンと残業代が固定給に含まれるパターンがあります。

 給料が安いと感じる人の中には、会社が一定の残業代を固定給に含む「みなし残業」を設けていることがあるようです。 「みなし残業」によって残業代が給料に含まれるので毎月の固定給が高い印象がありますが、残業が多い仕事の場合は時給に換算すると最低賃金に近い給料となることもあるでしょう。

ルーティンワーク

事務職や清掃業、工場勤務などの「決められた作業を決められたようにこなす」というルーティンワークは、給料が安い傾向にあります。

 ルーティンワークでは基本的に残業が発生することも少なく、残業代が出ることもないでしょう。また、スキルアップしにくい点から昇給などの給料アップに繋がりづらいです。

 しかし、1日の流れが決まっていることで仕事に振り回されずに働けます。給料が安くても、一人で黙々と作業したい人やプライベートの時間を大切にしたい人に向いている仕事といえそうです。

給料が安いと将来が不安…?

給料が安いことで、将来に対する漠然とした不安を抱えている方も多いはず。

生涯にかかるお金は生活費だけでなく、結婚や出産、住宅購入、親の介護などのライフイベントも含めて「1世帯あたり2億円〜3億円」と言われています。

 安定した生活を送るために、できれば年収が高い男性と結婚したいと考える女性は多いです。また、子供に不自由な思いをさせたくないため、結婚後も仕事を続ける女性もいるでしょう。

 「今の仕事のままでは、給料アップを望めない」 「幸せな家庭を築くにはどんな働き方がいいの?」 と思った方は、一度今の働き方を見直してみましょう。

今後どれだけのお金が必要なのか、ライフプランを立てることもおすすめです。 後述では、安い給料から抜け出すための方法を詳しく紹介していきます。

安い給料から抜け出すための方法

安い給料から抜け出すための方法を5つご紹介します。

 今の仕事を続けながら給料を上げる方法と、思い切って転職をする方法、給料にプラスして収入を得る方法などがあります。具体的なアクションを解説するので参考にしてみてください。

①仕事で評価される

自分では「真面目に仕事に取り組んでいる」と思っていても、誰にでもできるような仕事をこなすだけでは安い給料から抜け出すことができません。

 今の職場で給料を上げるためには、仕事で結果を出して会社の利益に貢献することが近道です。

自分自身の評価だけでなく、立場が上の人や同僚からも評価されるようになれば昇給が叶うでしょう。 例えば、営業職であれば好成績で会社の売り上げに貢献したり、サポート役であれば上司に感謝されるような活躍をしたり、自分が職場で求められている最高のパフォーマンスを心がけてみてください。

 また、業務に必要な特定の資格を持っている人に対して、毎月の給料にプラスして「資格手当」を支給している会社も多くあります。

中には、資格取得をサポートしてくれる制度があることも。一度、会社の人事評価制度などを確認してみるのがおすすめです。 自らが進んでスキルアップすることで、仕事に対する熱意をアピールでき、場合によっては資格の取得で給料も上がります。

努力を正当に評価してくれる職場であれば、まずは仕事で評価されることを目指してはいかがでしょうか。

②給与交渉をする

会社に貢献しているのに、会社側から昇給の話が出ないというケースはよくあります。

もし、自分の仕事に対する報酬が安すぎると感じているなら、給与交渉をしてもいいかもしれません。 給与交渉をするのは、仕事で成果をあげた時や、査定の時期、勤続年数が長くなったタイミングがいいでしょう。

特に年度の変わり目など、上司との面談が設けられている会社であれば、会社の経営状況や今後のビジョンを聞いた上で話し合いを進めることもできます。

 上司が自分に求めている仕事内容と、自分自身の達成度合いを擦り合わせた上で、自然な流れで昇給について言及してみてください。仕事に対する意欲や、確かな実績が認められれば給料を上げられる可能性が高いです。

 他にも、同じ業務内容や同じ年齢の同僚と比べて給料が安い場合も相談してみましょう。また、繁忙期だからといって賃金の出ない「サービス残業」を強いられる場合は、会社側の責任となるので、証拠を集めて交渉することもできます。

 給与交渉をする際は、会社の給与形態や残業代の扱いをよく確認し、タイミングを見て慎重に話すことが成功の鍵です。

③資産運用をする

「老後2000万円問題」が話題になったこともあり、働けるうちにコツコツと貯金をして、老後は年金と貯金を切り崩して安定した生活を送ろうと考えている方もいるでしょう。

 しかし、安い給料では貯金も微々たるもの。加えて銀行に日本円を預貯金として蓄えておくだけでは、円安などによって物価が上がりお金の価値が下がるインフレリスクに対応できません。

 そこで、長期的に資産運用を行い、大きなリターンによって将来への不安を解消する方法に注目が集まっています。直接的に給料が高くなる訳ではありませんが、安い給料に対する不満は軽減するでしょう。

 資産運用の方法には、「株式投資・外貨預金・債券・投資信託・不動産投資」などの種類があります。それぞれの資産運用の特徴を調べた上で、まずは少額から始めてみてください。

④転職をする

会社の業績が悪い状態が続いていたり、社員に対する評価が適切でなかったり、自分の努力ではどうにもできないような場合は安い給料から抜け出すことが難しそうです。

 会社の待遇に不満があるケースでは、思い切って転職することをおすすめします。

その際、すぐに退職せずに働きながら転職活動を進めることで、休職することなくスムーズに転職ができます。 給料を上げるために転職を希望する場合は、平均給料の高い業界や、自分のスキルを活かせる職場を見極めなければなりません。

 さらに転職後も昇給を狙うのであれば、スキルアップのサポート体制が整っていたり、査定の基準が明確になっていたり、自分の価値が正当に評価されるような会社を選びましょう。

⑤副業をする

2018年の働き方改革以降、副業OKの会社が増えてきています。

給料が安いことに悩んでいる人は、簡単に収入を増やせる「副業」を始めてみてはいかがでしょうか。 転職をして給料を上げたいと考えているのなら、スキルアップと実績作りのために副業を始めることもおすすめです。

今後も成長が見込まれるIT・Web業界に役立つスキルとして、ブロガーやYouTuberに挑戦してもいいかもしれません。

 初心者でも始めやすい副業には、データ入力やイベントスタッフがあります。インターネット上で企業と個人をつなげるクラウドソーシングや求人サイトで探してみましょう。 例えば、人気の副業には以下のような仕事が挙げられます。

 【副業の種類】
  • モニター、覆面調査
  • イベントスタッフ
  • データ入力
  • ブロガー、WEBライター
  • YouTuber など

  会社に登録する必要があるもの、スマホやパソコンがあれば家にいながらできるもの、初期投資が必要なものなど様々です。仕事後の時間や休日を利用して、副業による収入アップを目指しましょう。

収入を増やすために「副業」を始める注意点

給料が安く生活が苦しいと感じている方は、副業で収入を増やすといいでしょう。

ただし、会社員が副業を始めるときには注意点もあります。 まずは、会社の就業規則を確認する事。そして、稼ぐ金額や仕事内容にも気をつけなければなりません。詳しく説明するので、事前にチェックしておいてください。

会社の就業規則を確認する

会社が副業を禁止する背景には、長期労働によって本業に支障が出る可能性や、企業の名誉や信用を損なう行為の心配、情報漏洩のリスクなど、さまざまな理由があります。

 副業を認めている会社も増えてきていますが、トラブルを防ぐためにも副業が可能かどうか就業規則などで確認しておきましょう。

もし、本業の就業規則や労働規約で副業について明記されていない場合でも、法律上は副業をしても問題ありません。 ただし、会社の規則で禁止されているにもかかわらず違反して副業をした場合、出勤停止や解雇となるケースもあります。

出勤停止となったら、その間の給料は支払われません。「バレなければ大丈夫」という考えは避けましょう。 勤務先への相談が難しかったり、本業の仕事が忙しすぎて副業ができない場合は、副業をしやすい会社に転職するのも一つの手段です。

副業収入が20万円以下であれば確定申告不要

副業をするときに、「20万円の壁」というフレーズを聞いたことがある方もいるかもしれません。

この20万円というのは、確定申告が必要になる分かれ目の金額です。副業での年間所得が20万円以上になったら確定申告を行う必要があります。

 確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算し、納税するための手続きのこと。

企業に雇用される立場にある会社員やパート社員は、会社が年末調整をしてくれるので副業収入が20万円以下であれば確定申告は不要です。 しかし、副業所得が20万円以下であっても医療費控除や住宅ローン控除などを受ける場合は確定申告が必要です。

 もし副業所得が20万円を超えているのに確定申告をしなかった場合、ペナルティとして本来納めるべき所得税の納付以上の金額を納付しなければならない恐れがあります。 期限があるので、漏れなく確実に申告するようにしましょう。確定申告のやり方は、地域の税務署などに問い合わせて確認してください。

本業に支障のない副業を選ぶ

副業をすることによって、本業に支障が出てしまっては本末転倒です。

副業が許可されている会社でも、本業に支障が出ていると判断されたら「副業禁止」と言われてしまう可能性もあります。 また、本業に加えて副業の労働時間が増えることで、疲れが溜まり体調を崩してしまうかもしれません。

自分が無理なく請け負える範囲で、業務量をコントロールすることが大切です。最初は余裕を持った業務量からスタートし、慣れてきたら徐々に増やしてみてください。 副業は原則、本業の業務時間外に行います。

本来であれば休息時間に当てたいところを副業に費やすので、精神的にも体力的にも楽に続けられるものを選ぶのがポイント。例えば、自分が好きなことや得意なこと、在宅でできるものがいいでしょう。

誰でも簡単に始められるブログで収入を増やす

ブログの副業は、家にいながら都合のいい時間にできるので仕事で忙しい方におすすめです。

初期費用もほとんどかからずに、未経験から挑戦できます。 好きなことや興味のあることをテーマにしてブログを書けば、趣味の延長として続けることもできるでしょう。 ブログで稼げる仕組みとブログの始め方を解説するので、安い給料で困っている方はぜひ挑戦してみてください。

ブログで稼げる理由

なぜブログで稼げるのか疑問に思う方もいるでしょう。

はじめに、ブログで収入を得るための仕組みを理解する必要があります。 ブログでは、「広告収入」によって利益を得る方法が一般的です。

ブログ内に商品やサービスの広告を設置して、その広告がクリックされたり商品が購入されたりすることで報酬がもらえる仕組みです。 広告で収益を得るには、多くの人にみてもらえるブログにすることがとっても重要。Googleなどの検索エンジンで上位に表示されるようにSEO対策を行い、読者のためになる記事を作りましょう。

また、SNSを併用してブログの宣伝をすることも効果的です。 ブログが評価されるようになるまでは、3ヶ月〜半年程度の時間がかかることもあります。まずは、気軽にコツコツと続けていきましょう。 ブログで稼ぐ方法はこちらの記事で詳しく解説します。

ブログの始め方

ブログは知識がなくても簡単に始めることができます。詳しい手順はこちらの記事に書いてあるので、興味のある方はチェックしてみてください。

 【ブログ開設の流れ】
  1. どんなブログにするのか決める
  2. ブログサービスを選ぶ
  3. サーバーとドメインを設定する
  4. ブログを書く
  5. 広告の登録をしてブログに貼りつける

  まずはどんなブログにするのか、テーマを決めます。転職を考えている方は、転職先として検討している業界について書いてもいいかもしれません。

楽しく続けたい方は、コスメやペットなど自分が興味のある分野をブログテーマに設定します。 次に、WordPressなどブログの投稿先を選びます。

そして、レンタルサーバーとドメインを設定すればブログの投稿ができるようになります。難しく考えなくてもマニュアルがあるので手順通りに進めるだけで大丈夫です。

 好きな内容でブログを書いたら、広告を貼り付けます。広告は、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録することで取得することができます。

ブログの開設で必須になるものが「レンタルサーバー」です。
以下の記事では、表を使って分かりやすく解説していますよ。

【2022年】7種類のレンタルサーバーを比較!特徴を確認

まとめ|給料が安い生活から抜け出すための対策がある

給料は、年齢や地域によって金額に差があります。

また、給料が安い仕事には「スキル不要」などの特徴があります。 給料が安いと、将来に対する不安も感じることでしょう。安い給料から抜け出すためには、仕事で成果を出したり転職したり、副業を始めることが効果的です。

 収入を増やすために副業をするなら、スキルアップにつながることや継続してできることがおすすめ。副業ブログなら空いた時間に取り組めるので、多忙な仕事に就いている方、プライベートを充実させたい方にもピッタリです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
SHARE
仕事