キーワードとは?読まれるブログにするためのポイントを紹介

とも《在宅ワーク大好きライター》
ブログ
このカテゴリ一覧を見る
ブログに代表されるWebライティングにおいて重要な要素がキーワードです。

その重要度は、記事執筆において何のキーワードを選ぶかで検索順位が大きく変わるほど。 ブロガーやWebライターは、日夜どのキーワードが良いのかを常に考えています。 

 ですがこれからブログを始めようという方にとって、キーワードは難しい部分です。そもそもキーワードが何なのかがわからないという方もいるでしょう。 今回はそんな方に向けてキーワードについて解説します。

キーワードを知るだけでSEOに強くなれます。ぜひ見ていってください。

有料のレンタルサーバーに興味はありませんか?
以下の記事では、表を使って分かりやすく解説しているのでご確認ください。

【2022年】7種類のレンタルサーバーを比較!特徴を確認

アフィリエイトで稼ぐ仕組みを今一度確認したい人は以下をご覧ください。

【2022年】まだ間に合う!ブログで稼ぐ仕組みをチェック

キーワードとは

キーワードとは、私たちが日常的に使っている言葉と意味は同じです。

Webでは特にGoogleのような検索エンジンで入力する言葉を指します。日本語に訳すると「鍵になる言葉」です。 なぜ重要なのかを以下の点から詳しく解説します。

 

  • SEOで重要
  • 読者が調べたいこと
  • SEOはキーワードが1番大切

SEOで重要

キーワードはSEOで重要です。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略語であり、日本語にすると検索エンジン最適化となります。 つまりGoogleやYahoo!といった検索エンジンに最適化し、Webサイトに訪れる人を増やすための方法です。 

Webサイトに来てもらうためには、検索結果で上位表示(最初の1ページ目)させる必要があります。 そのためにもキーワードは重要です。検索結果に全くかからないものを選んでいては意味がありません。

その選び方の基準となるのが、「読者が調べたいこと」です。

読者が調べたいこと

キーワードを選ぶ基準として大切なことが、読者が調べたい単語を選ぶことです。

これは普段私たちが検索エンジンで調べる様子を思い出せばすぐにわかります。 GoogleやYahoo!に単語を入力する際、そこには調べたい単語を入力するはずです。

例えば東京都渋谷区のイタリアンを調べたい場合、「東京都渋谷区 イタリアン」と入力します。これがキーワードです。

 検索結果には、そのキーワードに合致する記事が表示されます。ブログ記事作成において、読者が調べたいことをいかに予測してキーワードを選べるかが重要となります。

SEOはキーワードが1番大切

SEOには様々な方法があります。

中でも最も大切なのがキーワードです。これはGoogle自身が、読者の疑問を解決する内容の記事を重要視していることからもわかります。 そのためWebで記事を作成する際は、まずどんなキーワードを選ぶのかを考えることから始めます。

もし選んだキーワードで上手くいかない場合は、別のキーワードを使って記事を修正するほどです。 ただし変なキーワードは選ばないようにしましょう。

結果的に人が来てくれないため、効果が期待できません。大勢の人が調べているキーワードを選ぶ方が無難です。

キーワード選定のポイント

いきなりキーワードを選べと言われても難しいのは当然です。

ですがキーワードには選ぶポイントがあります。それらを意識するだけで大きく変わります。特に以下の2つは重要なので、必ず意識してください。

  • 読者の悩みや疑問を調べる
  • 1記事に最大3キーワードまで

読者の悩みや疑問を調べる

キーワードを選定する上で1番大切なのが、読者の悩みや疑問を調べることです。

読者自身、検索時に悩みや疑問を入力するのですから当然と言えます。 そのため記事を作成する時は、キーワードに関係する悩みや疑問をどう解決するのかを基準に考えます。

この際に気をつけたいのが、検索ボリュームです。 検索ボリュームとは、どれだけ検索されるかの指数のようなもの。一

般的に検索ボリュームが多いキーワードの方が、それだけ沢山検索されているためより多くの人が来てくれます。 キーワードを調べるツールは以下のものがあるので、複数使うことで割り出せます。

  • キーワードプランナー
  • ラッコキーワード
  • Keyword Tool
  • Ubersuggest

  これらは無料で使えるため、キーワードを入力して検索ボリュームを調べていきましょう。

1記事に最大3キーワードまで

キーワードを選定する際に注意したいポイントが、1記事に何個も入れすぎないことです。

多くても3つまでにしておきましょう。盛り込みすぎると広く浅い内容になってしまう可能性が高くなるからです。

 広く浅い内容の記事になると、誰の目にもかかりません。そうなると自然とGoogleからの評価が落ち、検索で上位表示されなくなります。 

なるべく3キーワード程度に絞ることで、狭く深い記事の作成が可能です。読者が抱えている悩みや疑問を、より深い部分で解決することがキーワード選びのポイントになります。

キーワードを使う場所

キーワードを選んだ後は、記事の中に散りばめていくことが一般的です。

その際、闇雲に入れては読みにくい文章になってしまいます。必ず入れておきたい場所にキーワードを散りばめつつ、バランス良く配分する方法が基本です。

  • タイトル
  • H2見出し
  • メタディスクリプション
  • 本文

  基本的にこれら4ヶ所には必ず入れましょう。

タイトル

タイトルには必ずキーワードを入れてください。

検索時に最初に見える部分なので、キーワードが入っているかどうかは重要です。特にタイトル左側に入れましょう。

右側に入れると表示されない可能性があります。 タイトルの文字数は一般的に30文字程度と言われています。

ただしこれはパソコンから見た場合です。スマートフォンの場合は機種によってもう少し文字数が減ることがあります。 文字数に気をつけつつ、タイトルの最初にキーワードを盛り込みましょう。

H2見出し

H2見出し部分にもキーワードを入れます。

H2見出し部分とは、Webの記事において目次に表示される部分です。どんな記事の内容なのかひと目でわかる部分なので、読者の目印になります。

 またGoogleが記事を評価する際にも見出しがチェックされるため、キーワードが入っているとその分評価されます。小さな事ですが、入っている/いないでは大きく違うため重要です。

 見出しにキーワードをしっかり入れて、この項目は何を解説しているのかを読者に示しましょう。

メタディスクリプション

メタディスクリプションにもキーワードを入れます。

メタディスクリプションとは、検索時にタイトルの下に表示される記事の説明文です。検索画面で「この記事はどんな内容なんだろう?」と読者が判断する要素になります。

 メタディスクリプションにキーワードがあることによって、記事内容が読者に伝わりやすくなります。設定しなくともGoogleが自動で作成してくれますが、思い通りに作ってくれない場合が多いため推奨はしません。

 なるべくキーワードを入れて、読者がクリックしたくなるようなメタディスクリプションにしてくださいね。

本文

本文にキーワードを入れることも大切です。

Googleは本文中にもキーワードが入っているかを確認するため、違和感のないように入れましょう。 この際注意したいのが、入れすぎないことです。

キーワードを本文中に入れすぎることで、客観的に読みにくい文章になることが多々あります。

 なるべく自然に挿入し、違和感の無い文章を目指してください。音声読み上げ機能を活用すると、違和感をより感じ取れやすくなるためオススメです。

有料のレンタルサーバーに興味はありませんか?
以下の記事では、表を使って分かりやすく解説しているのでご確認ください。

【2022年】7種類のレンタルサーバーを比較!特徴を確認

アフィリエイトで稼ぐ仕組みを今一度確認したい人は以下をご覧ください。

【2022年】まだ間に合う!ブログで稼ぐ仕組みをチェック

キーワードは記事で重要な要素

キーワードは記事を作成する上で重要な要素です。

SEOでも大切なため、記事を作る際はまず何のキーワードを使うのかをしっかり考えましょう。 選ぶ際に意識したいポイントは、読者の悩みや疑問を解決できるかどうかです。

無料のツールを使って検索ボリュームなどを把握した上で、使うキーワードを選定してください。その際、盛り込みすぎないことが大切です。

 キーワードさえ選べば、後は記事に盛り込むだけ。入れるポイントにさえ気をつけつつ記事作成すれば大丈夫です。まずはどんなキーワードが求められているのかを把握した上で、記事を作ってくださいね。
SHARE
ブログ